残価設定クレジット、いわゆる残クレを利用して新車を購入する人が増えてきています。
周りでも「残クレで買ったよ」という人もいるのではないでしょうか。


これから利用しようと思う方はいろいろと疑問になる部分が多々ありますよね。
その中でも特に「車検」について疑問を持っているかたがたくさんおられます。

ポイント!

  • 残価設定で購入した車の場合車検は不要?
  • リースと同じなら車検も勝手にやってもらえるの?
  • 3年、5年など残クレの期間によって違いはある?



車を乗るにあたって避けては通れない車検ですが、残クレを利用するときはどのような扱いになるか気になるところですよね。


左水色

そこで今回は、残クレの車検にまつわる疑問を解決していこうと思います!

残クレとリースの違いは?

まず最初によく聞かれるのが


「残クレってリースと同じなんでしょ?」


ということ。


「一定期間が経過したら車を返却する」という点に関してはリースと残クレは一緒ですが、契約上は全くの別物と言っていいでしょう。車の所有権にかかわることや支払いに含まれるもの等様々ありますので、比較点をわかりやすく表してみましたので確認してみましょう。

残クレ リース会社
所有者 購入した人(所有権留保) リース会社
税金(自動車税、重量税) ×
保険料(自賠責保険) ×
車検費用(整備含む) ×
任意保険 ×

※含まれるものには「〇」、そうでないものには「×」を表記しています。


残クレには「返却」という概念がありますが、基本的には「自分名義での購入」となります。
リースは、「リース会社から借りる」ということになります。


簡単に言うと、残価設定クレジットは「分割払い」となり、リース契約は「レンタル」ということです。


リースでは、車の購入をリース会社が行い、それをユーザーに貸し出します。そしてリース会社は、税金や自賠責保険料を「レンタル費用」に上乗せして運用しています。


一方の残クレは、利用する個人本人による購入なので「別物」となります。


つまり、リースは整備費用や任意保険料を月々の支払いに加算して支払えますが、残クレは月々の支払いに加算できません。


そのため、残クレを利用しているからといって、車検代は毎月の支払いに含まれることはなく、

チェック

  • 車検の時期が来たら車検を受けその都度支払う



とうことになります。残クレを利用したからと言って、車検費用がゼロになるわけではないんですね。

残価設定で購入した車の車検の疑問にお答え!

ここからは、残価設定での車検はどうしたらいいのかについて、実際に効かれたことにある疑問についてお答えしていきます。

疑問その1

右ピンク

残クレの契約期間中は車検を通す必要がある?


ここでは乗用車に限った話になりますが、こちらの質問に関しては「契約期間によって異なる」という答えになります。


乗用車を新車で購入すると、最初の車検は「新規登録から3年後」になります。
残クレで3年払いのプランを契約したのであれば車検前に返却や乗り換えのタイミングがやってくることになりますので、車検を通す必要は全くありません。


4年や5年、6年といったプランを選択した場合、残クレ契約期間中に到来する車検に関しては車検を通す必要があります。
(4年5年の場合は1回、6年の場合は2回)


これは当然な話ですが、車検を通さなかったらその車は公道を走ることができなくなってしまいます。
「うっかり車検が切れてしまった」といったことの無いように気を付けましょうね。

疑問その2

右青

残クレ中に車検がくる場合、ディーラーで通さなければいけない?


この質問もかなり多い部分ですが、答えとしては「ディーラーでなくてもOK」です。


残クレを使っているなら買ったディーラーで、と思う方もいるかもしれません。
後ほどご紹介するメンテナンスパックなどを購入していなければ、どこで車検を通そうがどこで整備をしようが問題ありません。
メーカー保証もしっかり効きますので、懇意にしている整備工場などがあれば、そちらにお願いしても大丈夫です。


ですが、「延長保証」などに加入している場合、車検をディーラーで通すことが必須となりますので、延長保証に加入している場合はディーラーで車検を受けるようにしましょう。

疑問その3

右ピンク

残クレと車検をセットにしたプランってあるの?


厳密にいうと、残クレと車検整備をセットにしたプランは存在しません。
ですが、メーカーによっては「メンテナンスパック」というものをセットで販売しているところもあります。


メンテナンスパックには、基本的に「半年ごとの点検とオイル交換、車検(4年以上の契約の場合)」が含まれています。
例えば5年の残クレで購入する場合、「4年半分の点検パックを購入し、ローンに組み込む」ことで、疑似的に定額にすることができます。


ですが、リースと違って車検時に支払う重量税や自賠責保険などの諸費用や、エンジンオイル以外の交換部品の費用に関してはすべてその際に実費で支払う必要がありますので気を付けましょう。


車両代と基本的な整備を分割払いできる点はとてもいいですが、まとまった費用が掛かる点は通常の新車購入と変わりませんので、「車検時の費用が数万円軽減される」ぐらいのイメージにとどめておくことがいいでしょう。


ご参考までに、大手三社の点検パックについてご紹介しますね。

日産:メンテプロパック(車検付き)

半年ごとの点検、半年ごとのオイル交換、1年ごとのオイルエレメント交換)

ホンダ:ホンダの点検パック「まかせチャオ」Longコース

半年ごとの点検、半年ごとのオイル交換、1年ごとのオイルエレメント交換)

トヨタ:各販売店ごとによるが設定あり。(購入予定店舗へ問い合わせる必要あり)

代表的なパターンとして半年ごとの点検、半年ごとのオイル交換、1年ごとのオイルエレメント交換)、ワイパー交換(年に一回)


2019.1月現在

疑問その4

右青

車検の費用って高いイメージがあるけど、費用を抑える方法ってある?


一般的に「車検の費用は高い!」というイメージがありますよね。
普通の5ナンバー、排気量2000ccクラスの乗用車であれば、
車検費用(整備代)と法定費用(自賠責保険、重量税、印紙代)の合計金額が10万円~12万円程度かかってくるかと思います。(エコカー減税などを考慮せず)


これにバッテリーやタイヤなどの消耗品を交換したとなると、さらに追加費用が掛かってしまいます。
最初の車検だからそんなにかからない、と思っていたとしても使い方によっては大きな出費になってしまう可能性が出てきます。


車を安心安全に乗るためには必要な整備であってもあまりお金をかけたくない・・・。
そんな場合、どのようにすれば費用が抑えられるのでしょうか。


考えさせる方策としては、
・交換しない
・分散して交換する
が考えられますね。


交換しないという選択に関してはおすすめできませんが、分散するという選択に関してはかなりいい方法かと思います。


「本当に必要な部品交換」と「そこまで重要じゃない部品交換」に分類し、重要なものを車検で交換し、そうでない(優先度が低い)ものを後日あるいは半年後に交換する、ことで車検時の大きな出費を抑えることができます。


私が考える優先度としては、タイヤ→油脂類→バッテリー→ワイパー です。


「まだ新しい車だから整備もせず車検に通すだけでいい」という人もいますが、これは絶対にお勧めしません。

まとめ

残クレとリースの違いを確認することで、残クレとはどういった買い方なのか、ということを再認識することができたかと思います。
また、疑問点の多い車検などの整備ですが、点検パックをセットにすることでローンに組み込むこともできますので、基本的に整備費用が掛からないという点では非常にいいと思います。


ディーラーによっては、オイル交換なしプランを選べるところもありますので、商談時に確認することをお勧めします。

→TOP【2019】残クレ解法バイブル!検討している人も利用している人も!お悩み解消!



お金がない?安く買う努力より、今の車を高く売る方が簡単かも?

新車購入前に、

チェック

  • とにかくお得に購入する
  • 月々の支払を何とか抑える
  • なるべく現金を残しておきたい



と考えている人が多いのではないでしょうか?新たに車が必要となったり、生活環境の変化などで車の買い替えが必要になる時って、お金の問題がどうしてもついてきますよね。


あなたもそうかもしれませんが、新しい車を”お得に買う”という所に目が行きがちです。ですが、、、


左黄色

ちょっと視点をかえてみよー

買い替えなら、今の車を少しでも高く売ることを考えてみては?

実は、実際には新車を値引きしてもらうのって結構難しいことです。結局はオプションを付けてもらうなどして、実質的な値引きは難しいです。


だからこそ、残価設定型ローンなどなるべく月々の支払額を押さえられる方法などを選択しているのだと思いますが、一番効率的に支払い額を押さえられるのってやっぱり今乗っている車の売り方だと思います。


たとえば、一括査定を利用すると、下取りの査定額よりも65万円も高く車を売却できることがあります。因みに査定は無料です。



右青

これだけいけば頭金になるね♪



一括査定の利用の仕方は?30秒の入力で、相場もすぐにチェックできる

一括査定のサービスもいろいろありますが、一番便利なところでは情報入力後すぐにあなたの車の相場がわかるようになっています。


ディーラーの担当者に話を聞くと、最近では下取りをする人よりも、買い取り店などで売却を選択する人がかなり増えているということを耳にします。


店舗や地域によっては、体感的に、下取りよりも買い取り店などでの査定を依頼する人が多いということろもあるくらいだそうです。


新車を買うなら、とりあえず購入先で今の車は下取りをしてもらい、差額を引いてもらおうと考えていると、知らないうちに数十万円の車の価値を見逃しているということも起こりかねないので、注意してくださいね。


愛車の相場を確認してみる→


左水色

たいした手間じゃないし、ためしてみるか。


右ピンク

そんな気楽な気持ちでいいわけ?


左黄色

大丈夫だよ。”試し”に無料見積もりをしてもうつもりが、思いがけない金額がでて、売却という人がかなりたくさんいるみたいだからね。


右ピンク

納得できなければ、売らなくてもいいわけね。


右青

そーゆーことー