車に乗っていると起きない可能性がゼロではない事故。
事故に遭遇してしまうと、自身がケガするだけでなく愛車が壊れてしまう恐れもあります。


残クレで車を買うとき、ディーラーで「事故だけはしないでくださいね」なんて言われた方もいると思います。
そんなこと言われても、事故は自分が気を付けていても“もらい事故”に遭遇してしまう可能性だってありますよね。


「もし残クレ中に事故に遭遇して、車が傷ついたらどうしよう・・・」
といった悩みの種もあるかと思います。


そこで今回は、残クレ中に事故に遭遇し車が壊れてしまった時に起こり得る疑問にお答えしていきます!

車両を返却できなくなる事故はどのくらいのレベル?



まずはじめは、事故で壊れてしまった場合、車は返却できるのかどうかという疑問に答えしますね。


残クレを契約した際に「事故による修復歴がある場合は返却できません」といったような話をされたかと思います。
ではこの“修復歴”とはどのような壊れ方をすれば“修復”となるのでしょうか。


それでは簡単に考えてみましょう。
車の外装は大きく分けて“修理”と“修復”の2つの修理方法があると考えます。
修理は人間でいうところの「擦り傷」で、修復は「骨折」と考えればいいと思います。
もっと簡単に言うのであれば「軽傷」と「重症」という感じでしょうか。


ちょこっとバンパーが凹んだりしてバンパー交換をした場合は修理、それ以上の車の骨格部分まで歪んでしまった場合は修復となります。


車にとって骨格(フレーム)は最重要な部分で、これがゆがんだりしてしまうと完全に元通りに直せなくなってしまいます。
ですので、フレームまで歪んで直さなければならなくなってしまうような事故に遭ってしまうと、車が返却できなくなると覚えておきましょう。

残クレで購入した車の修理はディーラー限定なの?



「残クレで車を買っているのであれば、事故の修理もディーラーでなければならない」
と思う方もいると思いますが、これに関しては“どこで直しても全く問題ない”という答えになります。


ご自身が懇意にしている修理工場等があればそちらに修理を頼んでも何ら問題はありません。


どこで修理をしても車両返却時に“査定”をします。
ディーラーで修理をしたから有利だとか、ディーラー以外で修理をしたから不利だとか、そんな話はありませんのでご安心ください。


ただ、修理跡がわかってしまうようなレベルの低い修理をしてしまった場合は、査定時に傷や凹みとしてカウントされてしまう可能性がありますので、修理工場を選ぶ際は注意が必要です。

事故の修復歴がある場合は追徴金を払えば返却できる?



「事故による修復歴がある場合は返却できません」という約束を契約時にしたため、これは不可です。


ボディ外板の鉄板部分(リアフェンダー等)を交換した場合は、査定用語でいう「外板価値減点」という減点で済みますが、先ほど説明した“車体の骨格(フレーム)部分まで修復”をしてしまった場合は、問答無用で返却不可となります。


ここに関しては、走行距離や多少の傷や凹みと同じように追徴金を払えばいいというわけではありませんので注意が必要です。


修復歴としてカウントされない修理は、

  • 前後バンパーの交換
  • ドアの交換
  • フロントフェンダーの交換
  • リアフェンダーの交換
  • ボンネットの交換
  • トランク(リアゲート)の交換

などが挙げられますが、「連続する金属の外板」を交換した場合に外板価値減点が適用されます。


この場合は10万円単位の追徴金を支払う必要性が出る可能性がありますので要注意です。


事故歴があって返却できないときにどうしても手放したい、追徴金の負担を極力抑えたい、というのであれば、一括査定などを使って車を売却して残債を返す、ということも選択肢に入れるといいでしょう。

残クレで乗っている車の修理に車両保険は適用される?



この疑問は残クレ利用者の中でも多いと聞きます。
残クレ中の場合、乗っている車は「ディーラーから借りている車」という認識が強くなるみたいで、車の修理にしても保険適用にしても特別な手続きなどが必要であると考えてしまうようです。


これに関しての答えですが、「普通に買った車と全く同じで、自身が加入している車両保険が適用」されます。
残クレとはいえ自分で買った新車です。自身が加入している車両保険で車の修理だってできます。


「残クレ=リース」という認識が強くなりがちですが、残クレはあくまでも「新車の新しい買い方のひとつ」です。支払期間が満了になったら選択肢が出てくるだけですので、それまでは「自分自身の愛車」として大事に乗ってあげましょう。


ちょっと話がそれましたが、加入している車両保険の種類によっては修理した際に保険金が下りない可能性も出てきますので、注意が必要です。
簡単に言うと「一般条件」の車両保険に加入しているのであれば自損事故でも相手がいる事故でも、台風などの水害でも保険で修理できます。
ですが、「車対車+A」や「エコノミータイプ」といった割安の車両保険に加入していると、相手が車両以外の事故(例えば電柱やガードレールにぶつけてしまったなど)の場合は保険金が下りず「すべて実費」になってしまいますので、一度自身が加入している保険内容を確認しておきましょう。


ちなみに、追突されたなどの「自分に過失がない事故」に関しては、自分の保険ではなく事故の相手方の保険での修理となりますので安心してくださいね。

事故で車が全損になってしまった場合、どうすればいいの?



これはめったにないことですが、知っておいたほうがいい事例でもあります。
事故で車が全損(修理費が車両保険金額を超えた場合)となった場合は、その車にかかっている「満額の保険金が支払われる」ので、そのお金でローンを一括返済します。


もし、支払われる保険金額がローンの残債よりも下回ってしまった場合(例:ローンの残債が400万円、支払われる金額が350万円)は、足りない部分を自分の持ち出し金(現金)で補填する必要があります。
基本的にディーラー等で保険に加入している場合は、値引き前のオプション込みの車の値段で保険金を設定しますが、前の車の残債を上乗せしてお金を借りている場合などは気を付けたほうがいいでしょう。


全損ではありませんが、修理費が高額になった場合は車の骨格部分まで損壊している可能性があります。
もし仮に400万円の車両保険がかかっている車の修理費が半分(200万円)を超えてしまった場合、通常の車両保険では200万円の修理をする必要がありますが、そんなときにあると嬉しい特約が「新価特約」です。

新価特約とは?

「車両保険金額の50%を超える修理費が発生した場合、その車を全損とみなし車両保険金額の全額と再取得時の諸費用部分として車両保険金額の20%(最大40万円)を支払う」というものです。


全損よりも、このような損害を被る可能性が大いにありますので、追加費用が発生しますが新車購入時にこの特約をセットすることもいいでしょう。
ちなみに新価特約は新車登録から73か月(6年)の車にしかセットできません。まさに残クレ向きの特約とも言えますね。

まとめ



残クレは定められた期間が終了すると車を返却することができる車の買い方ですが、リースのような借り物ではありませんので、自分の車と同様の扱いとなります。
ですので、事故に遭った場合は車の損傷度合いによっては車の返却ができなくなったりする弊害もあります。新車をおトクに買うための新しい手段でもありますので、注意する必要がありますね。
何かあった時の備えとして任意保険の車両保険を充実させておくことも大切なことですので、しっかりと確認しておくようにしましょう。