実は、残債が残っていても車の売却は可能なんですよ。
ですが、口コミなどで良くみるのが

ポイント!

  • 所有権がないのだから無理
  • 売っても損するだけだからやめておけ
  • そもそも無計画に購入するな
  • ディーラーに相談しろ



など、凄いめんどくさそうだったり、心無い意見が出てきてまったく無価値な情報が出てきたりしますよね。しかし、そんなことはありません。


あなた以外にも、ローンを組んで自動車を購入したけれど、購入したときとは事情が変わり、現在のローンの残っている車を手放す必要があるという人が一定数いるのが実際です。


ローンを組んだ車を手放さなければならない事情があっても売却は可能ですので安心してください!


所有権がどうのこうのという問題

よく、いろいろなページをザッピングしていると車の所有権の問題で車の売却にはいろいろな手続きがあって大変そうなイメージがある方も多い様です。


しかし、これはある意味では正しいのですが、多くの場合は正確な情報ではないかもしれません。なぜかといえば、大抵の場合あなたが思っているよりも何倍も簡単に、あなたの車は売却することができるからです。


その方法は、特別なことではありませんよ。

大手の中古車店なら簡単に売却可能

あなたの自宅のお近くの国道沿いなどに、ガリバーやアップル、ビッグモーターといった大手の中古車店がありますよね。


大抵の場合、そこに連絡をいれて車を持ち込めば良いのです。


快く査定に応じてもらえますよ。複数店舗に電話でも問い合わせてみましたが、「すみません、ローンの残っている車は査定できません」などと言ってくる業者は1社もありませんでした(笑)


通常のディーラーローンはもちろん、銀行から借りているマイカーローンがあったとしても査定をしてもらい、価格を出してくれるのでその結果を見て判断することができます。

売却の際にもディーラーから書類を取り寄せるなどめんどくさそう

実際に売却が決定したあとの、書類やディーラーローンの会社などへの連絡もすべて買い取り店がやってくれるので、あなたは印鑑証明などの書類をそろえるだけで済みます。


このように、ディーラーからあれこれ取り寄せて対応するというケースは大手を選んでおけば、基本的にはありませんので安心してください。


なんなら、今日持ち込んですぐに売却ということも可能です。

ローンの車を売却するときに起こる、残債を相殺できない場合は?

あなた自身懸念している点であるかと思いますが、車の売却価格と、残っている残債が相殺できない場合、どのような流れになるのかを確認しておきましょう。

売却額と相殺しきれず残債が残ってしまう場合

まず、前提としてディーラーでローンを組んでいる場合です。
※残クレ含む


例えば、残債が100万円残っている車に、80万円の価格がついた場合は、差額の20万円を支払う必要があります。


この場合、20万円の支払い先は、どこになるのでしょうか?


答えは、査定をして売却を決めた、買い取り店に対してい支払うことになります。


基本的に手続きは買い取りをしてもらう店舗にすべてお任せでOKですので、差額の支払いも買い取り店に行なってもらうことができます。


ここでのディーラーとのやりとりも基本的には不要ですよ。


まとめると、

ポイント!

  • 相殺できなかった残債は買い取り店に支払う
  • 各種手続きは買い取り店を通して



となります。


ここでさらに問題となるのは、差額の残債を支払言えない場合でしょう。

相殺できなかった残債の残りを支払えない場合は?

現金をすぐに用意することができずに、未相殺分を支払えない場合は、3つの選択が可能です。


選択肢は、

チェック

  • 査定額だけ聞いて売却しない
  • 買い取り店で再ローンを組んで支払っていく
  • カードローンなどで工面する



となります。以下に説明していきます。

査定額だけきいて売却しない

そもそも、売却価格に満足がいかない旨を買い取り店に伝えることで、若干でも売却価格を交渉して高くできる可能性がありますが、すぐに用意できる現金に限りがあるのであれば、売却せずに、このまま乗り続ける必要があります。

買い取り店で再ローンを組んで支払っていく

売却先の買い取り店によっては、再ローンを組んでくれるところもあります。また、売却先で次の自動車を購入する際に、次の車のローンに上乗せという形で、支払っていく事が出来る場合もあります。


しかし、どの業者でも応じてくれるかというとそうでもありません。業者によっては、再ローンの制度がない業者もありますので、こればかりは複数の業者を当たるしか方法はありません

カードローンなどで工面する

たとえば、残債が50万円ほど残ってしまった場合、カードローンなどを利用して一時的に立て替えておくことも検討してみてください。


もしも現在の車を売却する理由が、現状の月々の支払が厳しく生活が回らないということであれば、一旦カードローンなどを利用して支払いましょう。


これらのローンは金利は高いですが、期限の決まっているローンではありませんので、車を売却したうえでの、残債程度の額であれば月々の最低返済額はかなり抑えられるでしょう。


50万円借りると、毎月の返済額は約1万円程度です。収入証明などがあれば、もう少し少額で済む場合もあります。


一旦、現状を打開するために、上記の対策をとり、コツコツ返済していくという方法です。緊急度に応じて検討してみてください。

現金の持ち出しを最小限にorゼロにしたければ複数の業者に見積もりを!

ここまでに見てきたように、あなたのローンの残る車を売却する際には、少しでも高く売却しないと、

チェック

  • 残債と相殺できない
  • 残債が残りすぎると支払えない
  • キャッシングに頼る必要が出てくる



という状況に陥ってしまいます。


ですから、査定をかけていくなかで、より高い査定額を提示してくれて、買い取ってくれる売却先を見つける必要があります。


左水色

そもそも査定額が高ければ問題なし!




複数の買い取り業者を当たって、いくつかの金額を引き出してから、価格の交渉をすれば、数万~十数万円の金額アップが見込めますよ。

なかなか査定に出す時間がない、複数業者に持ちこむのが面倒なら

日中は仕事をしている方もいれば、時間が惜しい方もいるかと思います。


あなたもそうであれば、無料一括見積依頼のサービスを利用して査定をしてみるもおススメです。


一括査定のサービスは、一度に複数の売却先に連絡が飛ぶようにできていますので情報入力を何度もおこなったり、多くの業者に車を持ち込む必要がありません。


情報入力は30秒程度、入力後すぐに相場がわかるので、ある程度の感触をつかむことができます。


情報入力後、業者からメールか電話で連絡が来ますので、なるべく各業者1日に集めて見積もりをしてもらいましょう。


出張見積もりで、自宅または指定の場所に来てくれますので、持ち込む手間が省けますし、一度に査定してもらえば、その場で一番高く買い取ってくれる業者に売却を依頼することが可能です。

迷っているなら、とりあえず査定に出そう

以上、ローンのある車での比較的簡単い売却をすることができます。


とにかく迷ったら買い取り業者に電話租してみるか、見積もりを出してみて実際に売却できることを確認し、その金額をチェックしてから最終判断をしてみてください。


ネット上で相場をチェックしてみるだけではわからない情報が満載ですよ。


また、不明点は電話で話せばほとんど解決できますし、あなた自身も安心することができるかと思います。


最近はメールしかないサービスなどなかなか答えが得られないこともありますが、査定は一度電話で話すことができるので各業者の現状の概算で見積もり価格を聞いても良いかと思います。


いずれにしても、車は時間が経てばたつほど価値が下がってしまいます。


そうならないうちに、売却の”検討”だけでもしっかり行っておけると良さそうです。

→TOP【2019】残クレ解法バイブル!検討している人も利用している人も!お悩み解消!




残クレ・ローン車を査定するなら、やっぱり大手を含んでいる一括査定サービスの方が断然イイ

一括で査定依頼をしてくれるサイトはいろいろとありますが、売却を残クレやローンの残っている車の売却を検討しているのであれば、なるべく大手の買い取り店を含んでいる方が、最終的な選択肢も増えておススメです。


特に、残価設定型ローンや、ディーラーでのローンを組んでいる場合、査定額が残っている残債よりも低いというケースがあります。


こういった場合に、大手の買い取り店では、残債の不足分の金額を再ローンとして設定できる場合もあります


査定に出したけど、残債の差額が支払えなくて結局車を手放せないという可能性が、あなたにとって一番のマイナスの状態ですよね。


100%ではありませんが、大手の買い取り店を含むことでこの可能性をなるべく低く抑えることができるますよ。


同時に最大10社の見積もりを簡単に取れるので、その中からあなたの希望の条件や、より高い金額を提示してくれた買い取り店で売却を検討することができます。


左黄色

金額に納得できないのでうりませーん。もOK。




もちろん査定額だけだしてもらって、ディーラー下取りの時の交渉材料にしてもいいですね。



今の愛車を少しでも高く査定してもらえれば、あなたの今抱えている多くの悩みが解消できるかと思います。

査定額が、下取りの査定額から65万円アップも見込める






下取りが参考額になりますが、一括査定によって下取りの価格よりも最大65万円高く見積もりが出ることがあります。


現状、車の維持を難しいという人達が、車を売却する際に、かなりの確率で一括査定を選んでいます。


一括査定に申込むと、業者から査定日調整や、参考価格についての連絡がはいります。


中には、電話でのやりとりがめんどくさそうという方がいますが、正直、そいういった方はお金に比較的余裕があり面倒をかけるくらいなら、手軽な方が良いという方がほとんどです。


左ギクリ

査定額がこれだけプラスになるのに、電話が面倒とかどんだけリッチなの??




むしろ、真剣に少しでも高く売却をしたい人にとっては、売却に関する多くの情報を得ることができるので、査定の業者と話をするだけでもずいぶん気が楽になりますよ。


そして、実際に出張で査定にきてもらい、どのくらいで売却することができるかを確認し、より高い値段で買い取っていただくように交渉にも比較的気軽に応じてくれます。


また、すぐに相場を知りたいという人にとっては、情報入力後すぐに大雑把な相場を表示してくれるので、そちらだけでも結構参考になるかと思います。


以上を踏まえて検討してみてくださいね。


P.S
あなたが、現在どのくらいの気持ちで少しでも高く車を売却しようと考えているかはわかりませんが、お金に余裕があるなら、正直いって下取りが一番楽な選択肢です。



ですが、1円でも高く売却したいと考えている人にとっては、査定を利用して売却することで状況を打開できることもあるので、ご自分の状況を鑑みて利用なさってください。