「車が必要なくなってしまったから手放したい。でもローンが残っている・・・どうしよう」
という方、結構多いと思います。


ローンで車を買っている人が半数以上いる現在、ライフスタイルの変化などで車が必要なくなってしまう(または維持できなくなってしまう)という方は多いのです。


そんな時、どのような方法を想像しますか?


大半の人が「車を売る」ということを思いつくはずですが、ローンの残債があるとどうしていいのかが悩みの種。


そこで今回は、元ディーラー営業マンの私が「ローン中で残債がある車を売却するノウハウ」を完全公開します。



右ピンク

これさえ読めば、ローン中の車を売却する方法が完全にわかりますよ!



ローンが残っていても車は売れるの?



これは初歩中の初歩の疑問です。


結論からお話しします。
ローンの支払いが続いていて、ローンが残っている(残債がある)車は「売れ」ます。


支払っているローンの種類が「ディーラーの通常ローン」であれ「残クレ」であれ売れます。
通常ローンも残クレも共通しているのは「ローン会社からお金を借りて返済している」ということなので、まったく問題ありません。


ですが、ローンが残っていると「必要な手続き」がありますので、ひとつずつ解説しますね。

車を売却する際の流れや手続き方法を徹底紹介!



それでは、ここからが本題です。


ローンが残っている車を売却する際の流れやその手続きの方法をご紹介します。

車を売却する際の流れ編

最初は車を売却する際の流れです。


この流れを簡単に説明すると
①車の査定
②査定金額に合意
③売買契約を結ぶ
④必要書類を揃えて車と一緒に明け渡す
⑤お金の入金
こんな感じです。


もし、ローンの残債が残っている場合は「①の車の査定の前か後」に残債照会をするだけ。


残債照会はどこにすると思いますか?
たいていの人は「ディーラーに問い合わせ」と考えがちですが、
実は「お金を借りているローン会社(日産であれば日産フィナンシャルサービス)に問い合わせ」でOKです。


ディーラーを通す必要は全くありません。
「残債照会はお金を借りているローン会社」ここだけ覚えておきましょう。

車両本体を売却する際に必要な手続きや書類編



次は車両を売却する際の手続きと書類です。


これもいたってシンプル。
手続き面に関しては「売却先が用意してくれた書面に署名と捺印をする」だけでOK。


書類など、自分で用意しなければいけないものは
・実印
・印鑑証明(2枚程度。これは要問合せ)
・住民票(車検証の住所と異なる場合)
・戸籍の附表
・自動車税の納税証明
などです。


3つ目と4つ目の書類(住民票と戸籍の附表)に関しては必要な人とそうでない人がいるので、これは車を売るときに確認しましょう。


ですので、車を売る際に必要なものは
『「実印」と「印鑑証明」がマスト。その他は状況に応じて。』
といった感じですね。

車を売却する際に行うその他の手続き編



そして車以外に必要な手続き一覧です。
見てみると意外な盲点がありますので要チェックですよ。

自動車保険

まずはこれ。ほぼ全員の人が加入している「任意保険」。
車売ったら必要なくなりますので解約しましょう。


もし、車の保有期間が数年にわたって等級が上がっているのであれば解約時に「中断証明」の取得も依頼しましょう。
中断証明があれば、「10年以内に新たに保険を契約する際に等級が引き継げる」という非常にお得な情報があります。
もし車を乗らなくても、期間内であり、かつ「同居の親族」の方が車を買った場合にも等級引継ぎが可能ですので、必ず取得しましょうね。

駐車場

駐車場を契約している場合は、車を置く必要がなくなるのでこちらも解約手続きをしましょう。
この手続きは「車を売る前に事前に」行うことをおススメします。
不動産屋さんによっては、
「その月の月末か翌月まで家賃を支払う必要がある」ところもありますので
「〇〇日に車を手放して駐車場が必要なくなるから解約したい」と申し出るようにしましょう。

ディーラーへの連絡

お世話になっているディーラーへの連絡は基本的に不要です。
ですが、メンテナンスパックが残っている場合は解約すれば返金されたりもするので、その際は損をしないためにも連絡をしましょう。
ほかにもディーラー経由で「冬タイヤの預かりサービス」を契約しているのであれば連絡は必須ですよ。


車を売るにもどこに売る?おすすめの売却先を紹介します!



車を売る!と決めたのであれば、思い立ったが吉日。
一日でも経過してしまうと、その分の「金利」が発生します。
ですので、一日でも早く売却するようにしましょう。


売却するにも売却先は様々。今回は3つの方法をご紹介しますね。

ディーラーに引き取ってもらう

「ディーラーで車を買ったら処分もディーラーで・・・」
と思う人も多いはず。


これは正解な選択です。
メーカー系ディーラーは基本的に自社で新車と中古車を扱うお店を持っています。


「ディーラー=新車を買うところ」
というイメージは大きいですが、
「下取り車や試乗車上がりの車を扱うお店が存在する」
ので、もちろん中古車の買い取りも行っています。


もし売却先を迷ったら、まずはディーラーに相談することはいいと思いますよ。

中古車買取店へ持ち込む

やはり「中古車=買取店」といったイメージは大きいですね。
街道筋を走っているとよく見るお店、ありますよね?


最近はテレビやラジオCMでもよく聞くと思います。
中古車買取店は、
大手になればなるほど「買取から販売までのスパンが短い=在庫になるリスクが少ない」ので、
ディーラー以上に高い価格で買い取りをしてもらえることが多いです。


この時おすすめなのが、「売却先を一ヶ所の査定で決めない」こと。
新車を買う時だって何店舗か回って比較しますよね?
それと一緒で、売るときも吟味が必要です。


しかし何店舗も回るとなると結構な労力がかかってしまうのが難点です。

一番高く売る方法は「一括査定」!ディーラーより50万円近く高く売れた事例も!

ここまで「ディーラー」と「中古車買取店」の2つを紹介しましたが、これよりも車を楽に高く売ることができる方法があるのです。


それは「中古車一括査定」を使うこと。


中古車一括査定は、インターネットサイトを経由して買取査定依頼をすると自宅付近の中古車買取店へ買取査定の依頼を代行してくれるサービスです。


自分で中古車買取店を探す手間が省けるだけでなく、多くの場合は「自宅へ出張査定」に来てくれるのでお店に行く労力も軽減されます。


それだけでなく「ちょっとした工夫」をすることで、ディーラーの買取査定よりも高額で売ることだってできるんです!


その工夫とは「同じ時間帯に査定をバッティングさせること」たったそれだけです。
それだけで“その場で即席オークション”が開催され、あなたの車が競りにかけられます。


ちなみに私はその即席オークションで、以前乗っていた車を「ディーラー査定よりも50万円高く」売ることができました。
ディーラー社員が自社に売るよりも高値で売れたので、これは絶対おすすめですよ!!

まとめ



ローンが残っていても車は売れます。
残債を下回る買取価格の場合は、様々な工夫をすることで残債を上回ることだってできますので、ぜひ利用してみてくださいね!

→TOP【2019】残クレ解法バイブル!検討している人も利用している人も!お悩み解消!




残クレ・ローン車を査定するなら、やっぱり大手を含んでいる一括査定サービスの方が断然イイ

一括で査定依頼をしてくれるサイトはいろいろとありますが、売却を残クレやローンの残っている車の売却を検討しているのであれば、なるべく大手の買い取り店を含んでいる方が、最終的な選択肢も増えておススメです。


特に、残価設定型ローンや、ディーラーでのローンを組んでいる場合、査定額が残っている残債よりも低いというケースがあります。


こういった場合に、大手の買い取り店では、残債の不足分の金額を再ローンとして設定できる場合もあります


査定に出したけど、残債の差額が支払えなくて結局車を手放せないという可能性が、あなたにとって一番のマイナスの状態ですよね。


100%ではありませんが、大手の買い取り店を含むことでこの可能性をなるべく低く抑えることができるますよ。


同時に最大10社の見積もりを簡単に取れるので、その中からあなたの希望の条件や、より高い金額を提示してくれた買い取り店で売却を検討することができます。


左黄色

金額に納得できないのでうりませーん。もOK。




もちろん査定額だけだしてもらって、ディーラー下取りの時の交渉材料にしてもいいですね。



今の愛車を少しでも高く査定してもらえれば、あなたの今抱えている多くの悩みが解消できるかと思います。

査定額が、下取りの査定額から65万円アップも見込める






下取りが参考額になりますが、一括査定によって下取りの価格よりも最大65万円高く見積もりが出ることがあります。


現状、車の維持を難しいという人達が、車を売却する際に、かなりの確率で一括査定を選んでいます。


一括査定に申込むと、業者から査定日調整や、参考価格についての連絡がはいります。


中には、電話でのやりとりがめんどくさそうという方がいますが、正直、そいういった方はお金に比較的余裕があり面倒をかけるくらいなら、手軽な方が良いという方がほとんどです。


左ギクリ

査定額がこれだけプラスになるのに、電話が面倒とかどんだけリッチなの??




むしろ、真剣に少しでも高く売却をしたい人にとっては、売却に関する多くの情報を得ることができるので、査定の業者と話をするだけでもずいぶん気が楽になりますよ。


そして、実際に出張で査定にきてもらい、どのくらいで売却することができるかを確認し、より高い値段で買い取っていただくように交渉にも比較的気軽に応じてくれます。


また、すぐに相場を知りたいという人にとっては、情報入力後すぐに大雑把な相場を表示してくれるので、そちらだけでも結構参考になるかと思います。


以上を踏まえて検討してみてくださいね。


P.S
あなたが、現在どのくらいの気持ちで少しでも高く車を売却しようと考えているかはわかりませんが、お金に余裕があるなら、正直いって下取りが一番楽な選択肢です。



ですが、1円でも高く売却したいと考えている人にとっては、査定を利用して売却することで状況を打開できることもあるので、ご自分の状況を鑑みて利用なさってください。





日産の残クレ記事一覧

左黄色

日産の残クレを利用したい人は参考にしてみてちょ